HOME > オイスカについて > 沿革

沿革

1961年〜1970年

1960年代
1960年代の活動テーマ: FOOD FIRST
 1961年(昭和36年)10月、18カ国から460名の参加による精神文化国際会議(国際文化交友会主催)が開かれ、常設機関としての精神文化国際機構が発足。中野與之助氏が初代総裁となる(オイスカ・インターナショナルの前身)。貧困に苦しむアジアの人たちのため、まずはインド各地に篤農家を派遣。モデル農場を作って農業の改良普及に努め、食糧増産に寄与した。フィリピンへも調査団を派遣。
1961年(S36) 10月 精神文化国際会議(国際文化交友会主催)開催。18カ国から460名の参加。常設機関としての精神文化国際機構が発足。中野與之助氏が初代総裁となる。これがオイスカの前身で、1965年に名称を変更。この創設期5年間は、組織づくりに力を注ぐ一方で、インド、パキスタン、さらにはフィリピンへ調査団を派遣。具体的な協力の方策を探ることに費やされた。
1962年(S37) 2月 インド、パキスタンへ代表派遣。
5月 第3回精神文化国際会議が開催され、28カ国から602名が参加。
1963年(S38) 3月 ・フィリピンより研修生受け入れ。
・フィリピン総局、香港総局を設立。
1964年(S39) 1月 中野総裁第一次アジア諸国歴訪。
8月 第5回精神文化国際会議開催。
10月 バンコクに駐在員事務所を設置。
1965年(S40) 9月 日本・フィリピン産業開発合同委員会を開催。
1966年(S41) 5月 第1次インド農業開発団17名の派遣を皮切りに、インド、フィリピンへ相次いで開発団を派遣。本格的に開発協力活動を開始。
1967年(S42) 3月 オイスカ国際活動促進議員連盟が結成され、初代会長に西村直巳氏就任。
7月 第1回オイスカデー開催。
9月 海外研修生の組織的受入れ開始。
12月 中部日本研修センター完成。
1968年(S43) 2-4月 西日本、四国、富山の各研修センターが相次いで完成。
1969年(S44) 5月 財団法人オイスカ産業開発協力団の設立が認可される。
1970年(S45) 11月 東パキスタン災害救援を開始。国連や日本政府に先駆けて調査団、医療団を派遣。

1971年〜1980年

1970年代
1970年代の活動テーマ: GRASS ROOTS
 農村の発展には村人の自立が不可欠と考え、国内外に研修センターを設けて、独自の農業実習を中心とした人材育成活動をアジア各地で展開。すでに1万人以上の青年が巣立っている。
  1976年12月、タイでの第1回アジア太平洋地域開発青年フォーラム開催を機に「国際青年年(IYY)」の制定を国連に働きかけ、その実現に大きく貢献。また、積極的な国際活動を通じて国連機関をはじめ世界的にオイスカの存在が注目を浴びるようになる。
1972年(S47) 4月 財団に日本政府から補助金交付。併せて試験研究法人の指定を受ける。
1974年(S49) 6月 中野良子氏がオイスカ・インターナショナル第2代総裁に就任。
1975年(S50) 7月 常陸宮ご夫妻をお迎えし創立15周年記念第9回オイスカデー中央式典を岐阜で開催。
1976年(S51) 12月 第1回アジア太平洋地域開発青年フォーラムをタイで開催。これを機に青年の育成に多方面の活動を開始する。以来、このフォーラムを継続的に各国で開催すると同時に「国際青年年(IYY)」の制定を国連に働きかけ、その実現に大きく貢献。また、積極的な国際活動を通じて国連機関をはじめ世界的にオイスカの存在が注目を浴びるようになる。
10月 開発技術員養成の一環として熱帯農業研修事業が本格化。
1977年(S52) タイ、マレーシア、フィリピンに相次いで研修センターがオープン。
1978年(S53) 7月 「アジア青年の主張」東京会議を開催、「国際青年年」制定キャンペーンを開始。
1979年(S54) 7月 アジア太平洋青年連合を結成(現、国連諮問資格ロスター)。
1980年(S55) 1月 「苗木一本の国際協力」キャンペーンがスタート。

1981年〜1990年

1980年代
1980年代の活動テーマ: LOVE GREEN
 森林減少による洪水や干ばつで、農業が十分に続けられないとの報告が各地から相次いだ。「苗木一本の国際協力」キャンペーンをはじめ、フィリピンなどで植林プロジェクトに本格的に着手。
 一方で、研修センターを巣立った青年(研修生OB)が、自助努力によって村づくりプロジェクトをはじめる事例も出てくる。
1981年(S56) 7月 オイスカ国際活動20周年記念行事を愛知県体育館で開催。皇太子殿下のお言葉を賜る。
1984年(S59) 5月 NGO懇談会を本部で開催。
1985年(S60) 「国際青年年」併せて「国際森林年」のこの年関連した諸活動を積極的に実施。
1986年(S61) 10月 「世界NGOシンポジウム」を東京で開催。政府、国際機関・NGOの三極フォーラムを世界で初めて実現。
1987年(S62) 4月 バングラデシュ女性研修センターがオープン。
日本政府無償供与を受けて実現。回教社会での女性センターだけに注目を浴びる。
1988年(S63) 5月 パプアニューギニア・ラバウルに研修センターがオープン。
1989年(H1) 3月 「アジア太平洋開発会議」を沖縄で開催。環境と開発の調和、三者協力推進等を確認。
1990年(H2) 1月 インドネシア研修センターがボゴールにオープン。
4月 フィジーに研修センターを開設。

1991年〜2000年

1990年代
1990年代の活動テーマ: CHILDREN'S FOREST PROGRAM
 子どもたちの取り組む森づくり活動として「子供の森」計画を開始。研修生OBがコーディネーターとなり、地域に緑化の取り組みが広がる。植林プロジェクトと併せ、20年間で約7000haの土地に緑がよみがえっている。
1991年(H3) 9月
「アジア太平洋NGO会議」を開催。 環境と開発に関する国連環境開発会議に向けての福岡宣言を採択。
「母なる地球」を考える一万人大会を福岡国際センターにて開催。
「子供の森」計画を発表、本格的にスタートする。
11月 コラソン・アキノ・フィリピン大統領より特別表彰を受ける。
1992年(H4) 3月 「子供の森」計画の推進を目指してフィリピン政府と協約を締結。
5月 「地球サミット」(ブラジル・リオデジャネイロ)に、21名の代表者を派遣。
8月 タイ農林業研修センターを開設。
1993年(H5) 4月 南米に初の拠点・ブラジル総局が発会。12月にはウルグアイでも総局が発会。
6月 「国連地球サミット賞」を受賞。
1994年(H6) 10月 西日本後援会発足。
1995年(H7) 7月 国連経済社会理事会諮問資格「カテゴリーI(現、ジェネラル)」に昇格。
9月 財団法人オイスカ産業開発協力団を、財団法人オイスカに名称変更。
1996年(H8) 1月 ミャンマー政府と基本条約調印。
4月 パラグアイ総局発会。
7月 オイスカと米州開発銀行・相互協力協約調印。
8月 フィリピン「子供の森」計画5周年大会開催。
10月 中野良子総裁、フィジー・カミセセマラ大統領より名誉勲章を受賞。
1997年(H9) 7月 ミャンマー農林業研修センター開所。
8月 フィジー総局が発会。
11月 中野良子総裁藍綬褒章受賞。
1998年(H10) 11月 日米コモンアジェンダ円卓会議「インドネシア環境教育プロジェクト」スタート。
1999年(H11) 6月 オイスカが環境保全功労者として環境庁長官から大臣表彰を受ける。
7月 中野良子総裁がマレーシア国王よりDatuk(名誉称号)を賜る。
12月 ブラジルでメルコスール農業後継者育成プロジェクトがスタート。
2000年(H12) 1月 四国研修センターで、JICA女性生活改善コースの研修員受け入れがスタート。
2月 インドネシア・チメンテン研修センターで初入所式。
8月 フィリピン・エストラーダ大統領より大統領表彰を受ける。
12月 農業農村開発協議会(JANARD)設立。

2001年〜2010年

2000年代
2000年代の活動テーマ: ふるさとづくり
 「すべての人々がさまざまな違いを乗り越えて共存し、地球上のあらゆる生命の基盤を守り育てようとする世界」を目指して設立されたオイスカ。活動開始から40年を経た2000年代、理念の実現に向けて「ふるさとづくり」の概念を活動の根幹にすえることを再確認した。
 オイスカの目指す「ふるさと」とは、地球上に生きる人間や他の生命がバランスを保ちながら共生する持続可能な世界。この「ふるさと」を守り育てるための実践活動がオイスカの活動であり、これを「ふるさとづくり」と呼んでいる。現在、人材育成、農村開発、環境保全、普及啓発を柱として活動を行っている。
2001年(H13) 5月 カンボジア総局が発会
10月
「持続可能な未来のための教育に関するグローバル・フォーラム」開催(東京)。
創立40周年を記念し、「子供たちの未来と環境を考える一万人の集い」開催(東京)。俳優・赤井英和さんが「子供の森」計画親善大使に。
「ラブグリーン・アクション2001」で2001人を海外ボランティアとして派遣。
2002年(H14) 1月 フィリピン・ネグロス島東部に養蚕普及指導センター開所。
西日本研修センター「有機農産物認定書」取得。
5月 山梨県支部の学校林活動が林業技術コンテストで林野庁長官賞を受賞。
8月
持続可能な開発に関する世界首脳会議(ヨハネスブルグサミット)に参加。
タイ・ラノーン県におけるマングローブプロジェクトがタイ王国森林コンテスト「マングローブ植林200ライの部」2位受賞。
※「ライ」はタイの面積の単位で、1ライ=0.16ヘクタール
9月 新しいキャッチコピー「Cultivate the future 大地と人に、もっとドラマを」発表。
10月 オイスカの長年にわたる植林活動が評価され、タイ・スリン県から2頭の象がオイスカを通して上野動物園に贈られる。
2003年(H15) 5月 「『環境とふるさとづくり』国際青少年フォーラム」を東京都千代田区と八王子市で開催。
11月 第14回「アジア太平洋青年フォーラム」をカンボジアで開催。
2004年(H16) 8月 パプアニューギニアのラバウル・エコテック研修センターを同国全閣僚が訪問。
12月 スマトラ沖大地震・津波被災地支援に着手(インドネシア・タイ・インド・スリランカ)。
2005年(H17) 7月 「愛・地球博」に出展。
8月 「森のつみ木広場」活動を開始。
9月 ・南インド支局設立20周年「世界子供環境サミット」開催。
・カンボジアで「住民参加型マングローブ生態系保全活動」開始。
10月 オイスカが独立行政法人国際協力機構(JICA)理事長表彰を受賞。
2006年(H18) 4月 沖縄で研修事業を開始。
5月
インドネシア・ジャワ島中部地震被災地支援を実施。
ネグロス養蚕普及プロジェクトがフィリピンでの養蚕普及に貢献したとして、フィリピン・西ネグロス州知事より中野良子総裁と養蚕専門家の宮澤津多登氏に感謝状が授与される。
9月 第59回国連広報局・NGO年次大会にあわせて、「Globalization of the Sacred Forests and Groves(鎮守の杜のグローバル化)」をテーマにしたワークショップを、国際神道財団と共催(アメリカ)。
10月 内モンゴル自治区阿拉善での沙漠化防止活動の拠点として、沙漠生態研究研修センターが開所。
12月
オイスカ南インド支部とCMSカレッジ(現地大学)の共催で「環境について考える国際青年サミット」を開催(インド)。
オイスカ南インド農林業研修センターが開所(インド)。
2007年(H19) 2月 ハイデラバード支局(南インド)、エチオピア総局が発足
パプアニューギニア・ラバウル・エコテック研修センターがパプアニューギニア国農業畜産省より稲作栽培研修所として正式に認定される。
4月 「富士山の森づくり」事業を山梨県鳴沢村で開始。
8月 モンゴル総局が発会
10月 山梨県支部が、長年の森林・林業分野での功績を称えられ「森林・林業関係功労者表彰」を受賞
2008年(H20) 1月 タイ・バンコクに日本語幼稚園開園
4月 三菱UFJフィナンシャル・グループとの協働で新研修コースがスタート
5月 フィリピンのネグロス島で沖縄県支局支援の製糖工場が再生
6月 タイにスリン環境センターが開所
10月 ミャンマー農林業研修センター岡村郁男顧問が、12年にわたる数々の功績を評価されミャンマー政府より表彰される
2009年(H21) 2月 南インド農林業研修センター内に環境教育のための施設が完成
6月 カンボジアで「子供の森」計画が本格的にスタート
8月 タイのラノーンで県民と取り組むマングローブ林再生プロジェクトを開始
11月 平成21年度秋の叙勲で中野良子総裁に叙勲(旭日中綬章)
2010年(H22) 5月 国際生物多様性年・国際生物多様性の日に世界13ヵ国で「グリーンウェイブキャンペーン2010」に参加
10月 ・COP10公式サイドイベントでオイスカと国連生物多様性条約事務局が基本協約に調印
・オイスカとマレーシアのNGOが環境保全活動に関する協定書を締結
・ウルグアイに、有機農業普及の拠点「研修生育成センター」が完成

2011年〜

2010年代
2010年代の活動テーマ: ふるさとづくり
「すべての人々がさまざまな違いを乗り越えて共存し、地球上のあらゆる生命の基盤を守り育てようとする世界」を目指して設立されたオイスカ。活動開始から40年を経た2000年代、理念の実現に向けて「ふるさとづくり」の概念を活動の根幹にすえることを再確認した。
 オイスカの目指す「ふるさと」とは、地球上に生きる人間や他の生命がバランスを保ちながら共生する持続可能な世界。この「ふるさと」を守り育てるための実践活動がオイスカの活動であり、これを「ふるさとづくり」と呼んでいる。現在、人材育成、農村開発、環境保全、普及啓発を柱として活動を行っている。
2011年(H23) 2月 財団法人オイスカが公益認定を得て公益財団法人オイスカとなる
3月 東日本大震災の支援活動開始
6月 「富士山の森づくり」5ヵ年の植栽期間を終え、管理活動に移行
7月 東京で「海岸林再生シンポジウム」開催
8月 ・アメリカ総局がニュージャージー州で発会
・創立50周年を祝う式典が各国で行われる。フィリピンでは観光省や西ネグロス州政府の協力を得て1万人以上が集まり盛大に開催
10月 創立50周年記念式典が東京で開催される
11月 ホンジュラスで「子供の森」計画がスタート
2012年(H24) 1月 アラブ首長国連邦(UAE)総局が発会、6月24日に「子供の森」計画がスタート
3月 ・フィリピン「子供の森」計画、農業省を加えた3省1局と基本協約を更新
・台湾で「子供の森」計画がスタート
4月 米国で「子供の森」計画がスタート
5月 「子供の森」計画 20周年を節目に子どもたちを招聘
6月 ホンジュラスで「子供の森」計画がスタート
7月 マレーシア「マラ公団・オイスカ・ビジネスフォーラム」開催
9月 タイ・ラノーンのマングローブ植林活動が国のモデルケースに
10月

・IMF・世界銀行合同年次総会で、CSOによる防災をテーマにセミナーを開催
・南インド総局が国連生物多様性条約締約国会議(COP11)でサイドイベント開催

2013年(H25) 1月 ミャンマー「第1回開発協力フォーラム」で中野良子総裁が意見発表
3月 オイスカ・インドネシア主催で「持続可能な開発のためのユースフォーラム」開催
5月 オイスカ中華民国総会設立40周年記念式典開催
6月 ベトナム青年連合と人材育成・農業分野などに関する相互協力協約締結
9月 ・マレーシアで10年ぶりとなる「第16回アジア太平洋青年フォーラム」開催
・トンガで「子供の森」計画がスタート
11月 フィリピン大型台風30号「ハイエン」支援に着手
2014年(H26) 1月 沖縄県からの受託事業で技能実習生受け入れスタート
2月 ミャンマーで日本NGO連携無償資金協力によるプロジェクトがスタート
5月 アジア開発銀行第47回年次総会でセミナーを主催
6月 山梨県支部が環境大臣賞「地域環境保全功労者表彰」受賞
8月 インドネシア・ジャカルタに日本語幼稚園開園
10月 外務省・国際協力60周年記念認定行事「国際協力の日のつどい」開催
11月 ミャンマーの技能実習生送り出し機関と契約締結