OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

本部・人材育成部のシスカです。
先週の土曜日から3日間、中部日本研修センターにおけるフォレスターズスクールに参加させていただきました。 このプログラムは中部電力と協働で、森林保全というテーマのプログラムでした。 参加者は専門学生、大学生や一般の方々などの19名で、4つのグループにわかれていました。
一日目、 基調講義や活動事例紹介の話がありまして、新しい森林のことや環境のことについてわかるようになりました。   また、午後、ベルマークの仕分けの体験で各グループの参加者はお互いに協力しながら、真剣にやりました。         二日目、参加者は中部研修センターのスタッフと中部電力の方々とともに、苗木の補植(こなら、みずなら、あべまき)や間伐体験をやっていました。午前中の天気は曇っていましたが、午後は雨が降り始めました。 それにもかかわらず、参加者は最後まで頑張っていて、間伐体験も予定どうり続けていました。 センターに着いたら、疲れる姿に関係なく、明日のアクションプランを作成するために、教室で遅くまでやってい る人もいまして、すごいと思いました。  
三日目、アクションプランの発表がありました。最初はグループ内で発表して、そのグループの中から、2人が代表として選ばれて、皆の前で発表しました。皆がいいアイデアを持って、いろいろなアクションプランを出ました。自分のアクションプラン、または他の人のアクションプランが実現することができればいいなと考えていました。
3日間の時間は短かったですが、皆と交流しながら、仲良くできて、とても良かったと思います。素晴らしい体験でした。

みなさん、おつかれさまでした!