OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

ブラジル講演会

2012年4月6日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

本部・総務部広報室の林です。
(啓発普及部を卒業し?新年度から総務部になりました) 今日は事務所に「ブラジル東京農大会」の沖会長をお迎えし、ブラジル移民のお話やブラジルに咲くさくらのお話をお伺いしました。
日本以外の国で日本人の人口が多いのがブラジルで、約150万人にのぼるのだそう。 沖さんは1961年に移住されたそうですが、日本から移住した人の99%は農業移民だとのお話でした。 沖さんも野菜や花、果物などを育ててきたそうです。 他の国からの移住者には、商業移民も多い中、結果が出るまでに時間がかかる農業に日本人が取り組んできたという点が印象に残りました。
もうひとつ印象的だったのは講師自ら「眠くならないように」と ブラジルから持参
されたコーヒー飴を配ってくださったこと。 おいしいコーヒー飴でした。 さらにもうひとつ。ブラジル東京農大会の会長さんが来られるのだからと 東京農大OBでアコースティックギタリストの町屋雄三さんがギターを担いで 応援演奏に来てくださいました。
おいしい飴と素敵なギターのミニコンサートつきのブラジル講演会でした。