OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

猫のその後

2013年12月12日 ( カテゴリー: フィジースタッフのブログ )

フィジー駐在員の菅原弘誠です。

まだ幼さの残るころ、くたびれた母猫と添い寝

まだ幼さの残るころ、くたびれた母猫と添い寝

  今年の5月ごろにご紹介した猫の赤ちゃんたち、気がつけばもう7ヵ月近くになりますが、元気に成長しています。 その間、お母さんとじゃれあったり、一生懸命ご飯を食べたりと可愛い姿を見せてくれていました。
たまに出張で長期間不在にすると、帰って来た時には他に餌を探しに行っているのか、姿が見えなくなります。でも、数日たつとまた戻ってきて可愛い姿を見せてくれます。      

母猫のミルクで大きくなっていきました

母猫のミルクで大きくなっていきました

休みの日などは、家の中で一緒に遊ぶこともあります。だいぶなついてくれたこの猫が、忙しい毎日の中でふっと息を抜く時間を与えてくれています。
気がついたら母猫から自立して、そういえば母猫はどうしているかな~~と思いきや、なんともう次の赤ちゃんを産んで子育てをしています。しかも3匹も。たった半年で次の子を産むとは、将来は猫の楽園になるかもしれません。 ビナカ!

重なって寝たことも・・・

重なって寝たことも・・・

今ではだいぶ大きくなりました

今ではだいぶ大きくなりました

もうお母さんと同じ餌を食べられます

もうお母さんと同じ餌を食べられます