OISCA |スタッフブログ | 2013 | 12月 | 17
OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

本部・広報室の林です。 先週に続き、また不思議の国のお話です。 今日はこの写真から。 バングラVS日本

食事会場で目にしたカード。
料理名の右上についているマーク、分かりますか?? 左はバングラデシュの国旗、右は日本の国旗・・・・・・ のようにも見えますが、これは「ベジ」または「ノンベジ」を示す大切なもの。

ベジタリアンの多いインドでは、よく見かける緑の●。 これは、ベジタリアンが食べても大丈夫のマーク。 赤はノンベジ。つまり肉や魚など動物性のものが使われていますということ。 飛行機でも「チキン」OR「フィッシュ」ではなく「ベジ」OR「ノンベジ」です。
ベジタリアンではない人も、曜日によって「今日はベジ」と決めている人も。 ある人はそうすることが人生をよいものにしていくと信じていると話してくれました。

確かに動物の命をいただくということは、言い換えれば命を奪うことと言えるかもしれません。 命を奪わずに生きることの方がいいとの考えも分かりますが、実践となると・・・・・・。
私はベジでは生きられないなぁと思うのです。