OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

中部日本研修センターの森田です。 昨日に引き続き、サバ州訪問レポートです。

私は、1985年からサバ州を訪問するチャンスが10回程ありました。 その頃から比較すると、まさに浦島太郎のように思われます。
当時、道路といえばトラックが丸太を運ぶ道のことで、土と砂利のでこぼこ道。 川も横切らなければならず、四輪駆動の車が必要不可欠でした。 州都コタキナバルのショッピングセンターは、できたてで、 エスカレーターに恐る恐る乗る村人の姿が印象的でした。
今は、世界の有名ブランド店があります。 健康食品や化粧品などの店も増えてきています。 店の様子や買い物客の服装も洗練されて来ています。
当時、車はお金持ちの乗り物でまだまだ多くありませんでした。 今は、トヨタのレクサスやランドクルーザー、6人乗りの4WDの ハイラックス(ピックアップ)など車があふれています。 そのせいで都会の渋滞が大変です。駐車場の確保も大変になりました。

mal04

オイルパームの収穫の様子

村では昔、ゴムが多かったのですが、今は、オイルパームが増え続けています。
村人は、ゴムとオイルパームの国際価格の上下で一喜一優しています。今は、安くなってきています。ゴム1kgで100円程度。オイルパームは、1トンで1万6千円程度。両方とも高い時の半分程度だそうです。
村人の生活は、この国際価格に左右されているといえます。

オイルパームの果実

オイルパームの果実