OISCA |スタッフブログ | 2014 | 2月 | 13
OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

本部・広報室の林です。
明日はバレンタインデー。今日はチョコのお話です。

先週末の大雪のせいで、 事務所の冷蔵庫にはチョコレートがたくさん!
チョコレートと雪、何が関係あるかというと・・・ 8日にお料理イベントが予定されていたのですが 雪の予報を受け、前日に中止を決めたため、 材料がそのまま冷蔵庫に取り残されているというわけです。チョコレートはその材料のひとつ。
キャベツなど痛むものはなぜか私が引き取り手(買い取り手!)となったのですが チョコレートはそのまま。どうやら日をあらためて実施することになりそうです。

こちらは冷蔵庫のチョコではなく、私の机上のチョコ。choco私にはかわいすぎるのですが・・・。

実は、毎年この時期になると、とびきりかわいいチョコレートをプレゼントしてくれるお友達がいるのです。 お友達といっても、お母さんと呼んでもおかしくないぐらいの年齢の女性。20年近く前に植林ボランティアでご一緒させていただいた大阪の方です。
“今年も元気でいるしるしに送ります”のメッセージと共に宅配便で届くチョコレートは、植林ボランティアでいただいたご縁への感謝の気持ちを新たにする、とてもうれしい年に一度の贈り物なのです。

今年も届きましたよ~! ありがとうございます。
また植林、行きましょうね!!