OISCA |スタッフブログ | 2014 | 2月 | 25
OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

ミャンマー駐在員の木附です。

先日、ミャンマーの「子供の森」計画(CFP)参加校の Kan Htan小学校を訪問してきました。

ミャンマーは農業研修センターを中心にCFPを行っていますが、 同校はセンターから1時間半くらいのところにある学校です。

3年前の農業研修卒業生のThan Than Soeさんと、Soe Soe Lwinさんが 学校の子どもたちへの指導を行っています。 センターの卒業生がこうして、ふるさとの学校を担当することで大きな効果が出ています。

2013年からCFPに参加し、昨年校庭に植えた木は少しずつ育っています。

昨年植えた苗木と。コーディネーターのBanさんとSoe Soe Lwinさん

昨年植えた苗木と。コーディネーターの
BanさんとSoe Soe Lwinさん

2014年には学校の近くの空き地にも木を植えて行きたい、と子どもたち。 また、植えた苗木の葉っぱを、放し飼いのヤギが食べてしまわないように、 木の枝を集めてフェンスを作ろうと計画しています。

Kan Htan小学校の子どもたち。木を植えると動物が森に増えるて、土の中にミミズが増えると土が良くなって、土の中に水が溜まる、と木を植える効果について勉強したことを話してくれました

Kan Htan小学校の子どもたち。木を植えると動物が森に増えるて、土の中にミミズが増えると土が良くなって、土の中に水が溜まる、と木を植える効果について勉強したことを話してくれました

ミャンマーの他の学校のレポートもぜひご覧ください⇒こちらから