OISCA |スタッフブログ | 2014 | 3月 | 10
OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

タイ駐在員の春日です。

 「いただきます!」

当たり前のように毎日3度口にする言葉、その言葉の本当の意味をどれだけ理解していますか? 理解はしていても、どれだけ心にとめているでしょう。
30日間ボランティアの期間中、必ず一度はまだ命のある生き物をしめます。 このことは、必ずタイ人スタッフと日本人スタッフで「やるべきか、やめるべきか」という論争に発展します。 私は30日ボランティアでは「やるべき」と思い、反対するスタッフをそのたびに説得しています。
今そこで生きている命、その命が絶えていく瞬間を見つめます。 それは決して楽しいものではありません。 むしろ目を背けたくなるものです。

反対するタイ人スタッフは「そんな残酷なところを見せる必要があるのか。罪深いことだ。」といいます。 これは殺生を嫌う仏教的な思想から来ているのだと思います。

無題0今の日本では、こうした瞬間に出会うことはほとんどありません。すでにきれいにパックされたお肉ばかりです。だからこそ、「命」から遠ざかってしまっていると思います。
アカ族の村を訪れてすぐ、村で豚がさばかれました。日本人大学生ボランティアの目の前で、豚が鳴き叫びながら命の火を細めていきます。

こっちも泣きたくなります。

ですが、こうして大切な他の命をいただきながら、私たちは毎日の食事をとっていることに気付くのです。

心から「感謝すること」

この時初めて、「いただきます」の重さに気付くのです。

 

無題11無題33 丁寧に毛を焼き、焼けた後に包丁でこそぐ。そして調理するために、細かく切っていく。

 

 

 

 

無題22                                                                                                               その一連の作業に参加し、そして最後には感謝していただきます。アカ族の村では当たり前の日常です。

私たちは、「かわいそうだから」「怖いから」「汚いから」と、目を背けず、きちんと向き合い学んでいく必要があるのです。