OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

フィジー駐在員の菅原弘誠です。

車で片道4時間ほどかかる場所から巣箱を購入、センターに到着したのは夜でした

車で片道4時間ほどかかる場所から巣箱を購入、
センターに到着したのは夜でした

  先週、フィジーの研修センターで新たに養蜂の巣箱を設置しました。
かつて、センターを協働運営しているフィジー政府側が道具を購入し、取り組んでいたのですが、色々あってうまく続けられていませんでした。

今回は現地スタッフから「養蜂を再開したい!」という声があったので、「自分たちの農場収入から道具を購入して、開始したら責任をもって継続していくことができるなら」と話をしました。
そのために野菜やニワトリの販売を頑張り、そしてセンターの畑近くに土台を準備、ついに先週、巣箱を設置しました。  

土台に巣箱を取り付け、設置していきます

土台に巣箱を取り付け、設置していきます

  現地スタッフが主体的に考えて、新しい取り組みをしながら、センターの環境をより充実させて、研修生のより良い学びの場となれば、と思います。
そしてなにより、新鮮で美味しい蜂蜜を食べられることを楽しみに、スタッフと一緒に取り組みたいと思います。        

設置された3つの巣箱。少しずつ出口を開けて、ハチの出入りの様子を見ています

設置された3つの巣箱。少しずつ出口を開けて、
ハチの出入りの様子を見ています

11-4                      

ビナカ!