OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

フィジー駐在員の菅原弘誠です。

昨日ご紹介した訪問者の皆さん、毎年恒例となっている 「子供の森」計画(CFP)参加校への訪問も行いました。 皆さんがいつも訪問する小学校までは、オイスカのセンターから車で片道2時間半、 途中から舗装のない道を、ただひたすら走り続けた場所にあります。 電気も通っておらず、皆さんがいつも口にするのは、「昔の日本もこうだった」ということ。

学校にとっては、遠く日本から、毎年来ていただける大切な訪問者。 今年も関係者や生徒、先生が総出で、盛大にお迎えしてくれました。

セレモニー

学校の歓迎に対して挨拶をする阿部氏

セレモニー2

挨拶をする山本氏

               
記念のマンゴーを植林した宮澤氏

記念のマンゴーを植林した宮澤氏

子どもたちを植林をする阿部氏

子どもたちを植林をする阿部氏

同世代の子どもたちと植林をした海璃君

同世代の子どもたちと植林をした海璃君

               

更に今年は、宮澤氏の支援で学校の寮に、トイレとシャワーを建設、 そのオープニングセレモニーも開かれました。 これまで多くの生徒が寝泊りをする寮にトイレがなく、 子どもたちは少し離れた学校のトイレに行くか、外でするしかなかった状況でした。 男子寮のトイレが今回完成し、更に阿部氏が女子寮へのトイレとシャワーを 寄贈してくださることとなり、学校の子どもたちの生活環境が大いに改善されます。

建設されたトイレの前での記念写真

建設されたトイレの前での記念写真

海璃君の学校のお友達からは、この小学校の生徒たちに向けた手紙も準備していただきました。 フィジーと日本の子どもたちの交流が始まることにも、大きな期待があります。

ピース

今年も皆さんの訪問で、フィジーとの間に交流の輪が広がると同時に、 オイスカの活動を更に理解いただく貴重な機会となりました。 遠路はるばる、ありがとうございました。

ビナカ!