OISCA |スタッフブログ | 2014 | 10月 | 3
OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

KAWAII

2014年10月3日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

本部・広報室の林です。

昨日に続き、現在「子供の森」計画の子ども親善大使として来日、本部に滞在している ミャンマーとインドネシアの子どもたちの話題です。
引率で来ているインドネシアの先生が「かわいい」の意味を通訳に尋ねていました。 恐らくどこに行っても子どもたちが「かわいい~!!」「かわいい~!!」と言われているので 覚えてしまったのでしょう。

今、「KAWAII」は若者を中心に世界に広がりつつある日本語のひとつだと聞きます。 きっとミャンマーとインドネシアの子どもたちにとって、日本滞在中に最も多く耳にする 言葉は「こんにちは」でも「ありがとう」でもなく「かわいい」ではないかと思います。
かくいう私も毎朝一緒に食事をとっているのですが、「おはよう」は一回しかいわないのに、 食事中15回は「かわいい~」と口にしてしまいます。 一番の“KAWAII”さんはもちろん、昨日も登場したピョー君。 何がかわいいって、私がつくった味噌汁を「おいしい」といってくれること。
CIMG6155 昨日のイベントで「日本の食べ物で何が好きですか」と質問された際、「味噌汁」と答えていました。オイスカで働くようになってから、たくさんの海外の研修生と接してきましたが、初日から味噌汁をおいしいと食べる外国人にあまり出会っていませんし、前回来日した子ども親善大使たちは味噌汁が好きではなかったため、今回も心配していたのですが、ピョー君は一口食べて通訳のバンさんに「おいしい」と笑顔を見せていました。
バンさんも四国研修センターで研修生として過ごしていた時、味噌汁が大好きだったようで、今回来日して初の朝食時、味噌汁を見つけて「あ、味噌汁!」と笑顔を見せ、おかわりまでしていました。
今朝も二人で親子のように並んで、嬉しそうに味噌汁の鍋に向かってきました。私の方を見てピョー君が味噌汁を指さして「おいしいです!」+ニコニコ。
人を喜ばせるツボを知っているピョー君。ますます、かわいく思えてしまいます。  

さて、「子供の森」計画こども親善大使の4名は、明日日比谷公園で行われるグローバルフェスタに参加します。会場に来たらこの“KAWAII”さんたちに会えるかもしれません。 ぜひ遊びに来てください!!

CIMG6158

この絵、完全に日本人親子です!
(バンさんのご飯の上にあるのは梅干し!やっぱり日本人?)