OISCA |スタッフブログ | 2014 | 12月 | 3
OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

本部・広報室の林です。
西日本研修センターのあれこれ。

今日は懇親会で研修生が披露してくれた楽しい出し物をご紹介します。 CIMG4732   ミャンマーのミョーさんが披露するのは傘ダンス。 彼がこれを踊ると翌日は必ず雨になるのだと聞いていたので、 私には雨乞いの踊りにしか見えなかったのですが、 美しく着飾ったミャンマー人女性が優雅に舞ったら また違って見えたのかもしれません。 ちょっぴりお腹の出たミョーさんの踊りは、 なんとなく笑いを誘うユーモラスなダンスでした。 そして、翌日は雨が降りました!! やっぱり雨乞いの踊りでした(笑)CIMG4734

おしぼりをマイクに見立てて歌うのはOBのアーネルさん。 宮城県の日向養豚さんで研修を受けたことがあり、 いろいろな日本の歌を覚えたらしく、 この日熱唱したのは「もしもピアノが弾けたなら」。 渋い選曲にも歌のうまさにも拍手!!

CIMG4740 彼らが入国した翌日結成されたバンブーバンドには、 新たなメンバーが加わっていました。
バンブー(壊れやすい竹ではなく、パイプでしっかり作ってありました)を叩いて演奏するパプアニューギニアのコンスさん(中央)のサポートに入ったインドネシアのティオさん。彼もアーネルさん同様OBです。インドネシアでバンブードラムを叩いた経験などないそうですが、見よう見まねでコンスさんの演奏についていっているのだとか。ギターが弾ける彼は、「これも同じ楽器だから簡単」といっていました。

ピアノもギターも弾けず、歌えなければ踊れない。何も披露できるものがない私は研修生たちに心から拍手を送り、またちょっぴりうらやましくも思いました。