OISCA |スタッフブログ | 2015 | 2月 | 3
OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

こんにちは。インドネシア研修中の永山です。

冬真っ盛りの日本とはうって変わって、こちらは毎日25℃くらいまで気温が上がります。 まだ雨季ですが、活動中は天気に恵まれ…すでに日焼けしました。

インドネシアには3つの研修センターがありますが、 今わたしは首都ジャカルタに近いスカブミ研修センターにいます。
先日、センターの周辺で近くの高校生たちが植林を行いました。 これは毎年行っている活動で、15kmほど歩く野外活動の一つのチェックポイントを スカブミセンターでの植林にしているそうです。
当日参加したのは約400グループ!!にも及びました。 植林時には、センターのOB・OG研修生が中心となって点数付けを行います。 項目は団結性や手順、ゴミの持ち帰りなど。 団結性をみるのにグループごとの歌があったのですが、 それぞれ個性があってとてもおもしろかったです。
また苗木を植える時には研修生も驚くほど上手だったり、反対に直されるグループも ありましたが、みんな一生懸命植えていってくれました。 元気なパワーをもらって苗木も早く大きくなると思います。 P1090545

 歌の様子はこちら
長時間にわたる活動中、研修生は高校生を根気強く見守っていて、とても頼もしく感じました。
どうしたらそんなにしっかりするのか、ここにいる間しっかり探りたいと思います。

 

それではまた!assalamu ‘alaikum