OISCA |スタッフブログ | 2015 | 2月 | 17
OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

こんにちは。インドネシア研修中の永山です。

研修生の笑い声や歌声、ときどき聞こえてくる日本の歌など、スカブミセンターはいつもにぎやかです。 そんななかに日本では見聞きしないようなものがありました。

一つ目が、「ボンッ!」という音 はじめは花火でもあげているのかと思っていましたが、聞いてみると実は近くの採石場からきこえる爆発音でした。センター周辺の山では石灰石が取れるそうで、ダイナマイトで山を崩す音がいつも聞こえてきます。

l

もう少しで山がなくなりそうです

  もうひとつよく耳にするのが、「トッケイ」という鳴き声 ほんとに聞こえるんです!特に夜になるとトッケイ、トッケイの連続でどこからともなく聞こえてきます。 その正体がこちら

実はまだ本物を見ていません

会いたくないような気もしますが…毎晩近くで過ごさせていただいた先輩に、日本に帰るまでに一度お邪魔しましたと挨拶できればと思います。

そしてよく見かけたのが、道路のでこぼこ スカブミに来てから信号をほとんど見ていませんが、その代わりよく見かけたのがこれです。

b

インドネシア語で”polisi tidur” (警察が寝ている) というそうです。

このでこぼこがあるためにここを通る車はスピードを落とさざるをえません。

車は多いし信号はないし危ないなと思っていましたが、こんな工夫もあって驚きました。

インドネシアと日本では、違うものも同じものもたくさんあります。 インドネシア研修中、しっかりそれらを体験したいと思います。

それではまた!assalamu ‘alaikum!!