OISCA |スタッフブログ | 2015 | 8月 | 10
OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

本部・広報室の林です。 今日も私のえこひいきにお付き合いください。
かわいくて人懐っこいミャンマーの子どもたちの まじめな取り組みをご紹介します。

IMG_0386いつも二人は話をしている人の目の前に陣取り、一所懸命話を聞きます。
日本語で話をしているのだから理解できないのに、しっかりと話しをしている人の方を見て話を聞いています。IMG_0383そして通訳してもらった内容をメモし始めます。いつもこの手帳を手放しません。残念ながらミャンマーの文字で書かれているため、彼らがどんなことをメモしているのか読めませんでした・・・・・・。 IMG_0827  

この日も岩の上で真剣にメモを取るシンタン君の姿が。テレビ局のカメラもその姿を撮影していました。カメラマンさんも文字は読めませんが、メモしている内容まで撮影していました。 IMG_0828  

IMG_0623いつも一生懸命の二人をお父さん(お兄さん!?)のように支えているのが引率者のバンさん。ミャンマーで「子供の森」計画を担当しているスタッフです。
子どもたちが日本にいる間、一度もホームシックにかからないのは、子どもたちの性格もありますが、このバンさんの力も大きいと感じています。 いつもレクチャーの内容を子どもたちに通訳して聞かせているのがこのバンさん。彼もまた笑顔が素敵で、みんなを和ませるのが得意。山道で子どもたちの足取りが重くなると日本の子どもたちが知っている歌を大きな声で歌い始めます。 「歩こ~歩こ~私は元気~~」 「幸せなら手をたたこう 幸せなら手をたたこう」 メイちゃんも日本の子どもと一緒に歌い出します。 バンさんがちゃんと仕込んでくれていたのです。

自ら学び、人と交わり、笑顔でみんなを明るくさせるミャンマーの 子どもたち+バンさん、ありがとうございました。
私のえこひいきもこのくらいにして、ほかの親善大使たちの様子も 引き続き報告したいと思います。