OISCA |スタッフブログ | 2015 | 8月 | 20
OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

アーユーボワン!(こんにちは)、四国支部の池田です。
スリランカ・レポート第2弾は、メイン行事「子供の森」計画支援校での活動報告です。 

今回は二校を訪問しましたが、一校目は今年から参加する学校で、校門では横断幕を 持って児童たちが出迎えてくれました。
初めての植樹活動に加えて遥々やって来た日本人を見たい、 ということもあってか(⁉)児童は勿論、先生や家族、地元住民らしき人まで実に多くの人達が参加。 盛大なイベントとなり、「子供の森」計画に対する熱意が伝わってきました。今後が楽しみです。

ikedasann

果樹を中心とした苗木

ikedasann2

続々と集まる参加者

 二校目は以前に参加した学校で、学校側の希望により再び支援を始めた 中学校での活動でしたが、日本人への興味津々。 どの生徒も人なつこく、会話を楽しみながらの植樹でした。

また、15年前に「子供の森」計画で植えた樹々を見せてもらい、 大切に管理されていることを確認しました。これから「子供の森」計画支援校として 活動を希望している周辺の学校から先生の視察もあり、 関係者の期待と広がりを感じる機会でもありました。

植樹活動そのものは、短時間で済んでしまいますが、 今回の体験が皆の心に長く残り、豊かな自然が残るふるさとを伝え続けて欲しいと願っています。

それでは、また。ストゥーティ!(ありがとう)

スリラン3

大き過ぎた植穴!?

ikedasan3

OISCA CFP!!!!