OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

研修生、大興奮

2016年2月1日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

みなさんこんにちは。

啓発普及部の家老です。

暖冬から一気に冬らしくなり、雪がたくさん降りましたね。

私は、昨年の冬、西日本研修センター(福岡市)におり、研修生と雪のない冬を過ごしておりました。温かいアジア諸国から来日している研修生は、日本で雪を見ることをとても楽しみにしていましたが、結局見ることなく帰国し、とても残念な気がしていました。

ところが、今年の福岡には、福岡県人もびっくりするほどの雪が!!

今年来日した研修生は大喜びです!!

ゆき2

大きな雪だるまが完成しました!

ゆき

雪化粧したセンター前広場

そんな喜びのコメントをフィリピン研修生、ライラがくれました。

**********************

雪がふるとき、とてもきれいで楽しかったです。あつい国から来たわたしたちはすごくよろこん でいます。
今年はたいへんたくさんふりました。フィリピンで雪はいつもクリス マスのときに テレビで見ています。フィリピンにいたときに、雪が降ったら雪の中でたくさん遊 びます。 雪が降るときに、いいことしか考えていませんでした。大変なことを考えていませ んでした。 今、分って、たくさん問題が起こります。せんたくものが出来ません、かわきません、農業もできません。

**********************

私は出身が雪国で、雪は嬉しいものというよりは、大変なものというイメージが強いのですが、研修生に雪の美しさと、雪の大変さを知ってもらえ、そしてなによりも念願の雪遊び体験してもらえ、私もとても嬉しくなりました。