OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

本部・広報室の林です。
今日もまたまた食べる話。

15:30頃、また研修生がおやつ作りに励んでいたので覗きに行くと
これは売り物だとのこと。この時ばかりは勧めてくれる味見を遠慮しました。

研修が終わった16時以降も農業研修生たちが個人畑で
自己研鑽に励んでいるので、生活改善コースの研修生も
自分の課題としてお菓子や軽食を作り、売りに行くのだそう。
売りに行くところを見に行きたいと思っていたのですが、
農業研修生の個人畑の取り組みもみたいと思い、葛藤していると
指導員のエカさんが「大丈夫。個人畑のところ通るからそこで待ってれば見られるよ」と。

安心して個人畑の取材に出かけ写真を撮っているとやってきました!!
IMG_0034しかもアシスタントつき。小さなアシスタントはエカさんの息子さん。
後をついていくと向かった先は研修生女子寮。短期研修生たちが寝泊まりしているところです。
アシスタント君が「安いよ安いよ~。おいしい●●だよ~」(私の想像)と大きな声を張り上げると、シャワーを浴びたばかりの女子高校生たちがタオルを頭に乗せて群がります。 IMG_0049
中に野菜が入った春巻きのようなものにソースをつけて1000ルピア(約10円)。 一度買った子が食べ終わってまた買いに来ていたりと大好評。あっという間に完売です。





個人畑で頑張る仲間たちの分がなくなってしまったのですが、
油で揚げている時に破裂してしまったものや形の悪いものなどを
別の袋に入れていたもので対応。作業が終わったら食べると、
野菜の支柱のところに掛けて作業に集中していました。
食べ終わってからもう一度買いに来た。「はい1000ルピア」

食べ終わってからもう一度買いに来た。「はい1000ルピア」

IMG_0052IMG_0053
















育ち盛りの高校生にとっては研修後の小腹がすいたタイミングでおやつが食べられるのは嬉しいに違いありません。
私は味見ができなかったことがとても残念でしたが。