OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

こんにちは。本部・海外事業部の清水です。

私なりに草刈り作業の際の注意点をいくつかまとめてみました。

  • 道路沿いの草刈りは車が走行するので常に車が来ることも想定する必要がある

身の安全を自分自身で確保すること。また車走行中は、石などが跳ねて車に傷をつけてしまう可能があるので作業を止めた方が良い。

  • 自分のペースで無理なく行う。体力は人それぞれ違うので人のペースに合わせない

しんどい時は休む。特に水分の補給を忘れずに行う。

  • 通常の草刈りと異なり地割れ等があるので足元の確認をしっかり行う

地震により地割れがあっても、草が覆われていると見えないことが多いので注意をする。

地割れ箇所に足がはまってしまうと大けがに繋がる恐れがある。

  • 作業者と作業者の間隔を取る

近くで作業すると危険であり、石等が飛んでくることもある。

  • 目を保護する

石などが跳ね目に向かって来ることがあるので注意。

くさ

特に地震後の草刈り作業になるため(1)(2)(4)(5)同様に(3)に対しても注意が必要だと感じました。

右の写真のように、草が覆われているとこのような地割れに気づかずに足がはまり大けがに繋がる可能性があります。