OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

四国支部の廣野です。12月20日、香川トヨタ自動車㈱とJAF香川県支部の方をお招きし、
研修センターでエコドライブ講習が開催されました。

たまたま今年は免許更新だったのですが、運転の仕方や、新しくできた標識など、
学ぶことが多かったため、今回の講習会も興味深く参加しました。

まず、エコカーに乗っていることが燃費削減やCO₂削減につながっているかというと、
そうではなく、エコドライブを心掛けることによって車の性能を最大限に引き出すことが重要だそうです。

では、そのエコドライブ(環境に配慮して自動車を運転すること)とは何かというと、
①ゆっくり発進②一定速度走行③早めのアクセルオフ④アイドリングストップです。
これにより、燃費削減だけでなく、安全運転=交通事故の削減にもつながるそうです。

私がとても印象に残ったのは、レコーディング・ドライブという言葉です。

「安全運転」とは、実はとてもすばらしい報酬なのですが、当たり前の結果としてとらえてしまいがちです。
しかも、これは目に見えない報酬となってしまいます。
しかし、レコーディング・ドライブ活動で燃費を記録することで燃費の見える化を図り、
結果、安全運転が目に見える報酬となり、エコドライブの意識が高まるそうです。
(確かに、数年前レコーディングダイエットが流行ったことを思い出すと納得です。)

今回の講習で、自分の運転の仕方を見直すいい機会になりました。
そして早速、エコドライブで地球にやさしい運転を心がけています。
(レコーディングまではしていませんが・・・)

最後に皆さま、年末は車の移動が激しいので、安全運転で、よいお年をお迎えください。

来年もよろしくお願い致します。

DSC_0417