OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

本部・広報室の林です。

先日、ブラジル出張時に気になった街の様子(落書きのこと)
を紹介しましたが、実はもう一つ気になったことがあります。
それは、路上で見かけた物売りの販売スタイル。
実は、海外出張のたびに、この国では何を売っているのかな
などとちょっと楽しみにしているウォッチングの一つです。

昨年はフィリピンで、信号待ちをしているときに
いきなり少年が窓に水をかけてきたことに驚きました。
窓ふき(窓洗い?)をするとのアピールなのです。
洗ってもらっている人を見かけなかったのですが、
ちゃんと商売になっているのかなぁと心配してみたり。

さて、前置きが長くなりましたが、
これ、車のミラーに何か置いてあるのが分かりますか?
CIMG1171

これは信号待ちの車におじさんが置いていったお菓子。
買いたい人は窓を開けて手を伸ばしてこれを取り、
集金に来たおじさんにお金を払うのです。

購入されない場合は、こうしておじさんがやってきて
回収していくのですが、おじさんが集金している間に
もしも信号が変わってしまったら、お菓子を乗せたまま
走り出してしまう車もあるのでは?と思ってみたり。

CIMG1173


いろいろな商売の仕方があるものですね。
日本でやったらどうなるのかなぁ・・・・・・。