OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

海岸林担当の吉田です。
4月26日、日向養豚(宮城県大崎市田尻)のフィリピン人技能実習生2人を
定期訪問しました。毎月1回訪問することになっています。
「技能実習生のいま」を、ブログで月1回連載しています。
(先月はこちら


今回は宮城県支部小野事務局長と加藤事務局次長と一緒に。
気温13℃。それでもまた半袖短パン・・・
彼らは11月に宮城入り。
7月に技能検定試験を、12月に日本語能力試験のN5を初受験します。
今日は海岸林チームの浅野さんに頼んで試験問題集をコピー。
10問だけ、抜き打ちテストしてみました。
(もし私がフィリピンに技能実習に行ってこの問題を出されたら・・
 キビシイなあ~ と自分の胸に手を当てて、そう思いながら)
例)漢字部分の読み仮名4択
1.先週は・・・(中略)・・・でした
「いやー、これは難しいなあ。こんな問題が出るのかぁ~」(社長)
養豚1 
結果はR君3問、F君5問正解。
N5は60点で合格。
「今から頑張れば大丈夫!」
「不正解だけど、惜しい不正解!。間違え方が悪くない」(意味わからないでしょうから社長さんにフォローを期待)
私は万が一で0点も覚悟していましたから。





「日本語問題集を中部研修センターが推薦してFAXするので、
 自分のお金で買って、勉強するんだぞ! ダメだったら帰国だぞ!」

技術のほうは、
「養豚は幅広い技術が必要。先月よりもさらに幅広く指導しています。
 でも、まだ満足度は50%」(社長)
「整理整頓はできていますか?」(吉田)
「ン~ それはまだ全然。でも最初来た時から比べるとイイね」(社長)
「F君は料理が得意なんだ。フィリピン料理をご馳走になったんだよ」(社長)
「社長は神様のよう。本当に一生懸命教えてくれる人」(小野さん)

次は彼らが名取の海岸林の現場に。
植樹祭に来てくれます。  

養豚2