OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

8月「葉月」を想ふ③

2017年8月4日 ( カテゴリー: 国内スタッフのブログ )

 こんにちは。四国支部の池田です。

8月は「葉月」「燕去月」のほか「南風月」と呼ばれることをご存知でしょうか?

南方から台風が多く来ることに由来しますが日本では古来、天象を司っているのは「竜神」様。
災害に遭うのは誰しも嫌ですが古人は台風により日本列島が清められると考えていたそうです。

さて、ご存知のように香川県は日本で面積が最も小さな県ですが、何と!日本で最も大きな
竜の像があることを最近、知りました。オイスカ入会いただいた方へ挨拶に伺った際その像に遭遇!

龍①

全長35メートル。大きなため池を守るように建てられていて圧巻の姿!土地の伝承によると、
母子の蛇(じゃ)の内、母親が立派な竜となり母子で暮らして長くため池を守ったそうで
人々と水との関わりを感じる竜像です。

ご覧になりたいブログ読者の方は是非ご連絡下さい。ご案内いたします。

龍② 龍③