OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

 こんにちは。四国支部の池田です。

暑かった夏が過ぎ、稲刈り進み彼岸花が咲く頃となりました。ブログ読者の皆様お元気ですか?

さて、皆様は「食べきり運動」や「スマート・フードライフ」という言葉をご存知でしょうか?

日本では今、本来食べられるにも拘らず捨てられている「食品ロス」は、年間621万トン、
毎日一人1日当たりに直すと、お茶碗1杯分(134グラム)と推計されており、日本だけで
国連の食料援助の約2倍に相当する量の食品ロスを出しているそうです。
この食品ロスの半分程度は家庭から出ており、実際に減らすとなると私たち消費者一人
ひとりの取組みも重要となってきます。
そこで日本各地で現在「食べきり運動」が展開されているそうなのですが、私が暮らす
香川県では新たに「スマート・フードライフ」という名称で食品ロスを減らすライフスタイルの
提案などの取組みを開始することを決め、そのキックオフ・セミナーが開催されたので
参加させていただきました。

ゼロ① ゼロ② ゼロ③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門家による講演や実際に取り組んでいる官民の関係者による討論などありましたが、
映画「0円キッチン」ではヨーロッパにおける取り組みが紹介され、持続可能な開発目標
(SDGs)の目標12「つくる責任 つかう責任」を踏まえた食料の生産・サプライチェーンを
めぐる課題や食品ロスを出さない暮らし等について考える機会となりました。
なお、「0円キッチン」は、世界食糧デー(10月16日)にを記念し、国連大学(東京)で
10月5日に上映会が開催されますので、ご関心ある方はコチラからお申込み下さい☟。
オススメです。

http://www.geoc.jp/activity/international/26566.html