OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

こんにちは。大学生ボランティアの長谷川です。
ミャンマーで活動中です。

突然ですが
皆さんは、海外に行って感動や驚きがなかったときはありますか?

ほとんどの人が、何かしらに驚いた思い出があるのではないでしょうか。

私もミャンマーでの共同生活で
報告したい細々した感動がたくさんある毎日です。

今回は田んぼで感動したことを
ちょこっと共有させていただきます。

まだまだ、稲穂が青かったころ
チャウマジセンターでは、草取りに追われる毎日でした。

そんな草刈りで研修生が発見したものがこちら

R0047071

なにやら稲の下の方がモッコリしています。
お気づきですか?
私はまったく気づきませんでした。汗

何だろうと中をのぞいてみると、、、

R0047060

R0047072

小指の第一関節くらいの卵が3つ!

ミャンマー語で『サーカリー』というお米を食べる小さな小さな鳥の卵でした。
この鳥は、すずめの半分くらいの大きさで、見た目はすずめそっくりだそうです。

なんにも知らない無知な私にとって感動の発見でした。
走ってカメラを取りに行くほど感動しました。ふふふ
こんな小さな感動を楽しんでいます。

次回も小さな小さな感動をお伝えしたいと思います。
是非、気が向いたらチラッとと見てみてください。

ありがとうございました。