OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

ミンガラーバー! 
大学生ボランティアの長谷川南です。

ミャンマーでは11月にお米の収穫期を迎え
エサジョ郡にあるパカンジーセンター(最初の研修センター)ではすでに収穫と同時に種もみの販売を終えました。

オイスカのセンターで栽培した稲は『パカンシュエワー』という、オイスカが改良した品種です。
米の質、有機農業であることが高く評価されている証拠に
種もみを買い求めに来る方は、村の人に限らず、遠い場所からトラックでやってきます。それも、オイスカの20年間積み重ねで得た信頼の賜だなと、感動しました。

IMG_20171106_160138

 

 

 

IMG_20171106_160927

 

 

 

 

 

写真のめがねの男性は、近隣の村から一人で買いに来てくださいました!
帰りは、バイクの前と後ろに一袋ずつ
「またくるよ~」と颯爽と帰っていきました。


一方、今年開設されたチャウマジセンターでは
11月中旬からノンストップで稲刈りが行われ
11月末現在は、全体の半分の収穫が終わりました。

R0047092

 

 

 

 

 

R0047431

 

 

 

 

 

R0048099

 

 

 




(写真 上から10月中旬、11月中旬、現在11月末)


さて、そんなチャウマジセンターでも
種もみの販売を開始しました。
今朝は日曜日でしたが、出荷のために総動員で種もみ運びをしました。

R0047940

 

 

 

 

 

R0047937

 

 

 

 

 

R0047939

 

 

 




一袋30㎏でとっても重い!
でも、頑張るのは男の子だけではありませんよ~!

R0047968

 

 

 

 

 

R0047964

 

 

 




女の子も率先して運んでいましたよ!

いきいきと運ぶみんなの顔には笑顔が絶えませんでした。
それもそのはず、、、
なんていったって、自分たちが一から育てたお米ですから、
自然と笑顔が溢れてくるのでしょう。

今日の販売数は232袋とすさまじい量でした。
みんなお疲れ様!明日もまたがんばりましょう!

R0047952