OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

体によい食材

2017年12月7日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

本部・啓発普及部の柿沼です。

現在、中国・内モンゴル阿拉善(アラシャン)沙漠生態研究研修センターや
ウズベキスタンで活動をする富樫智所長が、業務調整のため、本部事務所に来ています。

富樫さんは、研究者という面も持っていますが、阿拉善での取り組みはソウソウという灌木を植えて、
そこに寄生するニクジュヨウという漢方薬を栽培するというもの。
森をつくりながら、生計支援にもつながる方法です。

その富樫さんの頭の中には、体に良い植物!という引き出しもあるみたいです。
今回、事務所に持ってきてくれたお土産は、内モンゴルでボランティアが植林してくれた
「すななつめ」とチベットの「黒クコ」。

「くろなつめ」と共に説明書きのPOP付き

「くろなつめ」と共に説明書きのPOP付き




「すななつめ」は種があるものの、少し甘くておいしいです。

 

 

 

 

チベットの標高400mに自生する黒クコ。湯呑に黒クコ5粒を入れ、お湯を注いで飲むそうです。
お湯を注ぐとあら不思議。鮮やかなラベンダー色に変わります。
これを飲んでいるチベットの遊牧民の視力は皆、良いそうです。

オイスカにはいろいろなものが集まってきます。

5~8mmくらいの実です。 真っ黒です。

5~8mmくらいの実です。
真っ黒です。

kurokuko