OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

 ミンガラバー(こんにちは)。四国支部の池田です。

国民の85%が仏教徒といわれるミャンマー。
カンボジアのアンコールワットやインドネシアのボロブドールとともに
世界三大仏教遺跡に数えられるバガン以外にも多くの仏塔(パヤー、パゴダ)や
寺院があります。今回は数ヵ所を巡りましたが、どこを訪ねても目が眩むほどのゴールド!

ミャンマー4-1ミャンマー4-2

 信仰心の篤い人々によって金箔が寄進され、建物や仏像に貼られています。

ミャンマー4-3ミャンマー4-4

 ガイドさんによると「主な金鉱山だけでもミャンマーには110くらいあります」との話。
金以外にも宝石や銅、天然ガスなど資源が豊富なことは有名で、政治や治安が
安定している現在、経済状況も良くなっていることもあってか町を行き交う人々の
表情も明るく穏やかに見えました。
澄んだ青空の下、黄金に輝く仏塔の数々に圧倒されるとともに、少しだけ束の間
リッチな気分に浸りました。
そうそう、眩しいのでサングラス持参がオススメです(^^♪