OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

西日本研修センターのアルネルです。

昨日、ブドウ畑へ行く途中、ハウスでおじいさんたちが
みんなで集まって体操をしていました。それを見た研修生達が
「先生、おじいさんとおばあさんはなにをしていますか?」と聞いてきました。
私はなにかイベントがあって、その前に体操をしているのかと思いましたが
「私も知りません」とだけ答えました。

ブドウ畑で作業をする研修生たち

ブドウ畑で作業をする研修生たち



ブドウ畑に着くと、おじいさん、おばあさんたちが歩いてきて、
話を聞くと、みんなで集まってゴミ拾いをするとのことでした。

モンゴルの研修生デギさんが「日本のおじいさんとおばあさんはすごい」というので
「あなたたちも国へ帰って、村のために同じように頑張ってやってくださいね」と
話をしました。でも、モンゴルではこういう活動はできないと彼女は言います。
理由を聞くと「モンゴルはとても寒いから、お年寄りは家の中にいるだけ」とのこと。
若い人たちも「村のために」といったことは考えていないそうです。

日本のおじいさんとおばあさんは素晴らしいと思います。
年を取っても、まだ体を動かします。私の国、フィリピンの場合も、
年を取ったら家の中にいるだけで、あまり体を動かさないです。
だから体がだるくなります。日本の年配の人たちは年を 取っても畑とか
いろいろな活動をやっていて、だからいつも元気だと思います。
私も、そろそろおじいさんになりますが、日本のおじいさんたちのように
なりたいです。だから自分の体を元気にして、頑張りたいと思います。