OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

介護技能実習生の門出

2020年2月13日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

広報室倉本です。

1月30日~2月8日まで、中部日本研修センターに出張してきました。その間、センターはイベントが盛りだくさん。

さっそくセンターに到着した翌日、1月31日(金)には、中部日本研修センターの介護技能実習第一期生の基礎研修修了式が行われました。

CIMG0004 (2)

式に臨んだのは、ミャンマーから5名、フィリピンから2名の計7名。彼らは、12月から2ヵ月間センターで日本語や日本の生活文化だけでなく、農業研修生と共にに朝の点呼や規律訓練などにも参加し、協同の精神を学びました。また、その生活の中で、一緒に学んだ実習生や研修生、スタッフとも絆を深めた様子。当日も、それぞれ国籍が違う実習生が、覚えたての日本語で親しげにコミュニケーションをとっている様子がうかがえました。

式には、それぞれの配属先である社会福祉法人愛光園の桑山利和本部長、株式会社やさしい手の香取幹社長、登坂正宏さまが出席され、実習生に激励の言葉を贈られました。

実習生はその激励を受け、小杉中部日本研修センター所長から修了証を受け取った後、一人ひとり日本語でスピーチ。

「来日前も日本語を勉強していたがあまりできなかった。中部センターに来て、日本語ができるようになりました。仕事も日本語も頑張ります」

「日本は時間を守る素晴らしい国です。センターの先生たちは、優しくて厳しかったです。大変お世話になりました」

「私の趣味は笑顔を見ることです。すべてのジェンダーが好きです。日本に来た時、とても寒いと思いました。日本語の勉強は難しいけど、時々楽しい。センターの先生たちには多くのことを学びました。愛光園の所長、小杉所長、スタッフのみなさんに感謝します」

などセンターでの学びや、今後への抱負を語りました。

 

あたたかな雰囲気の中で式がおわると、さっそくミャンマーの5名は配属先に出発です。

玄関先まで、スタッフや研修生、基礎研修中の技能実習生が集まりお見送り。

研修センターでは日常のひとコマですが、日頃東京の事務所にいるわたしにとっては、やはり印象に残る様子でした。こうして多くの技能実習生が基礎研修を終えて各配属先に旅立ちます。

今回修了式を迎えたみなさん、頑張ってくださいね!オイスカの仲間がいつも応援しています!

 

CIMG0009CIMG0005

CIMG0014

最後は車が見えなくなるまでみんなで見送ります。みなさん配属先でも頑張ってくださいね!