OISCA
文字サイズの変更 小 中 大
メールマガジン登録 リンク サイトマップ English(OISCA International)
ツイッターバッジフェースブックバッジ
HOME オイスカについて 活動紹介 お問い合わせ・資料請求 参加・協力するには

スタッフブログ

オイスカの長(ちょう)です。 

フィリピン ルソン島で行っている「異常気象に負けない森づくり」の森で見つけたフクロウの仲間、
ルソンオオノハズク(学名:Otus megalotis)を紹介します。

Philippine Scops Owl_Bob Natural-MBCFI

この鳥は、名前の通りフィリピンのルソン島に棲むフクロウ目フクロウ科の野鳥です。
体長は23㎝~28㎝で日本のコノハズクより一まわり大きく、森を棲みかとし、
昆虫や小型哺乳類などの動物を食べる肉食の鳥です。

ワシやタカ同様猛禽類ですので、森の生態系の頂点に立つ、森の主とも言えます。
またこの鳥が生息しているということは、プロジェクトで育ててきた森の生態系が
豊かになっている証拠でもあります。

ルソンオオノハズクはフィリピンの熱帯雨林内ではよく見かける鳥ですが、
森林破壊が進む中その生息域は狭まってきています。
プロジェクト開始当初、対象地には森が全くなく、
当然このような鳥を見かけることはありませんでした。

今でもプロジェクト周辺は360度ハゲ山ですので、プロジェクトの森は、
この辺りで唯一ルソンオオノハズクが安心して暮らせる場所なのかもしれません。