毎日の研修生活を支えて下さっています

2016年1月19日 ( カテゴリー: 四国センタースタッフのブログ )

 こんにちは。今回は四国研修センターから池田です。

研修生をはじめ職員も、研修センターで食事をいただくことが殆どですが、或る日、調理場を 覘くと、菅原先生が家政研修生に調理指導中でした。が、何となく様子が???DSC_0360  

何とっ!菅原先生の目に涙が!! これは一大事!と思い、話しかけようとしたら・・・。 んっ?これは?

菅原先生②

そうです! タマネギ!!

しばらく調理場にいるとタマネギ特有の臭いが 鼻や目に入ってきました~(涙涙) 「いつもタマネギには泣かされます・・・」と菅原先生。 横で魚を下処理しながら頷く研修生。

このような手間を掛けた食事をいただけることに、 改めて感動!感謝の念を強くした瞬間でした。

菅原先生③                     来日して10ヶ月余の家政研修生も、菅原先生の 指導により、今では魚の下処理も素早く行える ようになり、とても楽しそうです。 菅原先生④

 

菅原先生⑤ 研修センターで栽培された美味しい有機野菜。更に真心を込めて 調理していただくことにより、毎日の研修生活を支える大切な食事 となっています。魚や肉、野菜などの命をいただくとともに、準備 して下さる方々への感謝の気持ちを忘れず、これからも食前には 「いただきます」、食後には「ごちそうさまでした」の挨拶を。

 なお研修センターでは、調理ボランティアも募集していますので、 興味ある方は是非お問合せ下さい。素敵なスタッフや研修生達が、 お待ちしています。☞ http://www.oisca.org/shikoku-tc/staff