宮城県支部を訪問してみた

2017年3月31日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

こんぬずわ!
国際協力ボランティアの伊藤です。
 
え?
「こんぬずわ」が何かって?
これは仙台弁の「こんにちは」!なのです。
私の世代は方言わからない世代ですけど、私のおばあちゃん世代は方言のオンパレードでしたね~。会話が通じなかったですもん。
「しずね」うるさい!
「んだ」そうそう
「めんこい」かわいい
「なして」どうして?
「いがす」いいです
この辺が印象に残っていますね~。方言だけで会話できたら面白いですよね。(^o^)/
 
さて、先日オイスカ宮城県支部にお邪魔してきました~
私も仙台出身ですが、支部に行ったのは初めてです。
今回の任務は新しく着任された事務局次長の加藤さんのパソコンのセットアップでした。

IMG_2884

こちらが事務局次長の加藤達也さんです

 

 

 

 

 

 

 






秋田県出身で、名取市の海岸林を見ると60年前に訪れた秋田県下浜の松林を思い出すそうです。

下浜はどんなところだろうと思い調べました。

新しいビットマップ イメージ 新しいビットマップ イメージ2









↑この辺です。Google earth(写真右)で覗くと確かに緑色の海岸林が見えます。

こちらは松くい虫から松を守るための保全活動を地域で行っているようです。
それから、加藤さんの姿勢が真っすぐと言いますか、洗練された感じでしたので聞いてみたら学生時代は柔道をされていたとのことでした!
食事は何でも美味しく食べ、町内会の活動でも大活躍されているようです。
賑やかになった宮城県支部をこれからもよろしくお願いします。
 
結局、ネット設定の関係でプロバイダーの力が必要になり電話をしたのですが、
平日全然電話がつながらないんですねー!
10年前はせいぜい待ち時間なんて15分くらいだったと思うのですが、回線減っているんでしょうか。
多分1時間くらいは「お待ちください」連呼されていたと思います。( ゚Д゚)
そして、ようやく繋がりました。
セキュリティの都合上、契約した際の登録情報の確認をしないといけないのですが、
照会情報が一切当たらず、一問一答。
(登録者名を聞かれ)「オイスカです」
「違います」
「じゃあオイスカ宮城県支部です」
「違います」

(住所を聞かれ)「●●です」
「違います」
「じゃあ●●ですか?」
「違います」(引っ越し前の住所が登録されていた!)

(電話番号を聞かれ)「●●です」

「違います」(こちらも住所と同じ)

その後も何かを聞かれ、答えるたびに
「違います」
・・・・(;・∀・)
クイズ番組みたいでした(ヒントやライフラインはなし)。
しかし、そのうち何かが正解し(笑)
設定を終え、無事にミッションを完了できました。
みなさん、パスワードなどの情報は大切に保管しておきましょう。

IMG_2885

小野事務局長(右)と3人で記念撮影!