とある親子の交流

2018年2月9日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

本部・広報室の林です。
仕事とは関係のない話なのですが……。

昨年末のこと。
新年用に干支の消しゴムはんこをつくってみました。

DSC_0531
思いのほかかわいくできたので、
ある地方スタッフに資料を発送する際
メモにぺたんと押して「リクエストがあれば彫りま~す」と
書いたところ、早速問い合わせが。

「どんな動物でも作れますか?」と。

残念ながら、私は自分でイラストが描けないので

「複雑ではなければ彫れますが、下絵が必要です」とお返事。

すると送られてきたのはこの写真。

「娘が小さい時から大事にしているぬいぐるみです」と。
kuma_1

鼻のあたりに小さな手術跡。
愛着を持って大事にしている様子が伝わってきました。

大事なぬいぐるみのはんこ。
いつも楽しくつくっているはんこですが、
ちょっぴりプレッシャーを感じました。

似た感じのテディベアのイラストを探したり、
写真の上からなぞって描いてみたりして数パターン提案。

お父さんはちゃんと娘さんに確認をして

「なぞったものを希望。オリジナル感があるから。
縫い目もリボンも付けてもらいたい」と。

実はこのお父さん、単身赴任中なのですが、
ちゃんとお嬢さんとコミュニケーションをとっているんだなぁと感心。
お嬢さんは高校生か大学生ぐらいでしょうか。

気に入ってもらえるかなぁと心配しながらつくったはんこ。
お父さんにお届けしたら、早速お嬢さんに送ってくださいました。

そして、この写真がお嬢さんからお父さんのもとに届いたのだそう。

kuma&stamp
私にもお嬢さんから直接お礼のメールが届きました。

はんこづくりで、あたたかな親子のやりとりに触れることができ、
私のほうこそ、お礼をお伝えしたくなりました。
子どもの時に大好きだったぬいぐるみを、思い出と共に
今もこうして大事にしているお嬢さん、とってもすてきだなぁと。
そのぬいぐるみのはんこを娘に、と思うお父さんもすてき。

これからもずっと父娘、仲良しでいてくださいね、Oさん。