お蚕大臣の誤算

2019年10月21日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

本部・広報室の林です。

事務所で飼育していたお蚕さんが
きれいな繭をつくりました。
kaiko2
こちらは、つくった状態のまま。
kaiko3
これらを展示用に加工すべく、
われらがお蚕大臣こと、
M部長がある処理を行いました。

それは乾燥。

kaiko1
繭の中にはサナギが入っていて、
このままにしておくと成虫(蛾)となって
繭に穴をあけて出てきてしまいます。

そこでちょっと残酷ではありますが
太陽の光を当てて乾燥させてしまうのです。
さらには、ドライヤーの熱風を当てたのですが……。

熱が足りなかったのでしょうか。
中から蛾が次々と出てきてしまいました。
kaiko4

あ~あ。
彼らにも気の毒なことをしました。
ドライヤー、熱かっただろうね。
ごめんなさい。

kaiko5

今、せっせと大量の卵を産み付けています。

こんなに小さいのですよ!

     こんなに小さいのですよ!


ここからまたお蚕さんが出てきたら楽しいのですが
うまく出てきてくれるかなぁ。