勝武士さん

2020年5月15日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

本部・広報室の林です。

みなさんも報道でご存知かと思いますが、
髙田川部屋の力士、勝武士さんが他界されました。

髙田川部屋の力士たちは、毎年九州場所の際に
オイスカ西日本研修センターを合宿所にしています。
(昨年、そのタイミングで取材に行った際のブログです)

今年の1月の月刊「OISCA」の新春対談では、
オイスカの中野悦子理事長のお相手を
髙田川親方にお願いし、すてきなお話をしていただきました。

その時に使わせていただいた写真の中の1枚がコレ。
last
センターで行われた最後のパーティーで
研修生と踊る勝武士さん。
ほかの力士たちは後ろで控えめなのに
勝武士さんは研修生をリードするかのように
前に出て踊っているのが印象に残りました。

今日の西日本新聞には、訃報を受けての研修生の
インタビューが掲載されました。

「新型コロナ関連力士死去 オイスカ研修生にも悲しみ」との見出し。

家政科の研修生は
「率先して配膳を手伝うまじめな人だった」
指導者コースの研修生は、
「小柄ながら、大きな相手を勢いよく押す相撲が
好きだった。力士たちと一緒にお風呂に入っていたが
場をにぎやかにする人だった」
と振り返っていました。

帰国した研修生OBたちからも
驚きと悲しみの声が届いているそうです。

厳しい稽古に打ち込んできた28歳。
もっともっと稽古をしたかったかもしれないけど
勝武士さんには天国でゆっくり休んでもらいたい。
ご冥福をお祈り申し上げます。
そして、仲間を失い、悲しい思いをしている
部屋の力士たちにはコロナ終息後、
思いっきり稽古をして勝武士さんの分まで強くなってもらいたい。

勝手ながらそんな思いで髙田川部屋の力士たちを
これからも見守っていきたいと思っています。