バングラデシュだより 研修修了式が行われました

2020年7月21日 ( カテゴリー: 海外スタッフのブログ )

本部・広報室の林です。
昨日に続き、小杉代表からのレポートです。


今月14日、3名の半年間の研修が修了。
途中、コロナの影響で研修が一時中断されましたが、
無事、修了式を迎えることができました。
bg_gra
 密を避ける為、コーディネーター・サボニ女史より、
事務所前で修了証が授与されました。
bg_sabo

バングラデシュではまだ、連日の様に100~500名のコロナ感染者を新たに出し、
全体では、首都ダッカを中心に3,500名余りが毎日記録され、
その収束は程遠い状態です。

今月末から行われるイスラム教の祭礼イードゥ(家族や恵まれない人たちと
食べ物を分かち合う)休暇後にも、
スムースに研修が再開されることが望まれます。

ちなみにコーディネーターのサボニ女史は
2012年から1年間、オイスカ四国研修センターで学んだOGです。

コーディネーターとして、運営から交渉、マングローブ植林等々の重責を担って活躍中。
未だ、女性の社会進出も少ない生きづらいイスラム社会で奮闘中。
心身共にタフで、その明るく努力する姿勢は皆の信頼を集めています。
オイスカ大好き人間です。

センターで活躍中のほかのOBたちもご紹介します。

センターの総務担当ナラヨン(左)は、1984年から85年にかけて
中部日本研修センターで学びました。
養魚も担当しています。

bg_nara

モーシン(右)は西日本センター(1989年)の出身。
30年以上の豊富な経験で、野菜栽培およびその販売を担当。
毎週、オイスカ産品を待つダッカの消費者のもとへ野菜を届け、
有機栽培の普及にも力を入れています。
ちなみに奥さんもOG。女性センターでマッシュルームを担当しています。bg_mo

 「マングローブを植える男」マニック(右)は1987年に
西日本研修センターで学びました。
30年間で植えたマングローブは2,000ha!!
日本からのボランティアの受け入れはできませんが、
今年ももちろん植えます!
左は今回研修を終えた息子。
立派な後継者に育てあげてもらいたいものです

bg_mani

 

モーシンの奥さんのハリマも西日本研修センターの出身。
モーシンより早い1987年に訪日しました。
現在は、女性センターに勤務。こちらのセンターは、
パソコン、食品加工、縫製などのコース別となっており、
ハリマはでマッシュルームの栽培を担当。
bg_harima

マッシュルームの栽培部屋

マッシュルームの栽培部屋

 

バングラデシュ研修センターもコロナに負けず、
みんなで頑張っています!!