中部日本研修センターの今 その1

2020年7月27日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

本部・広報室の林です。
東京をはじめ、各地の都市部でコロナウイルス感染者が
どんどん増えている状況の中ではありましたが、
26日から28日にかけて中部日本研修センターに行ってきました。


愛知でも感染者は増えているものの、
センターは豊田市の山の中。
ほぼコロナウイルスとは無縁のような環境。
……ということで、東京から人が来る!と
かなり警戒されていたようで、玄関に着いたとたん
同行していた「海岸林再生プロジェクト」担当部長の吉田とともに
“ピッ”っとおでこで体温を測定されました。

「初めて使いました」といわれたので、
私たちが来るからと慌てて購入したのかも。

27日は5時15分には起床。
研修生が毎朝5時30分に野菜の収穫に行くというので、
同行させてもらうことにしていたのです。

最初に向かったのはオクラの畑。
(一番右が私です)
20200727_054631
マレーシアの研修生、シャリフさんが
ハサミの柄の部分をものさしにして
「これより大きいものを収穫してください」
と、素人の我々にレクチャーをしてくれました。

CIMG1016

以前センターで体験した際は、収穫したオクラの下の葉を
ハサミで切り落とすところまでやりましたが、
シャリフさんによると、朝の収穫時間短縮のために
別に「管理作業」の時間を設け、その時に切り落とすから
今は収穫だけで大丈夫と説明してくれました。

「マレーシアのオクラよりとても小さい」とシャリフさん。
一緒に作業をしていたフィジーのライさんは
とっても体が大きいので、彼がオクラを手にすると
本当に小さく見えます……

CIMG1013


次はナスの収穫。
CIMG1024
つやっつやのおいしそうなナス。
シャリフさんの顔が葉っぱで隠れてしまいました……。
CIMG1026

たくさんとれました~~~!

CIMG1029
最後はキュウリのハウスへ。
CIMG1032
ここでレクチャーをしてくれたのは
指導員のグレゴリーさん。
シャリフさんと同じマレーシアの出身です。
20200727_062617
収穫の目安として、キュウリの頭と先端の形、
そして長さを教えてもらいました。
さらには「一番大事なのはトゲトゲが取れないように
あまり触らないこと!」と。
これは販売店から指導を受けたのだそう。

東京では長雨の影響で野菜が高くなっている中、
生育不良のキュウリを根元に捨てていく
グレゴリーさんと研修生たち。
「東京にもらって行ってもいいですか?」と聞くと
「畑の肥料になるからダメ!」。
がっかりしていると「もっといいキュウリをあげますから」
やったー!

言葉通り、た~~~~~~~くさんの
キュウリやカボチャ、ナスなどのお土産を
いただいて帰ってきました。スタッフ大喜び!!

28日の朝、東京に帰る時、畑の横を通ると
研修生とボランティアの方々が
管理作業の合間に休憩をしていました。

DSCN6231
フィジーのライさんとマレーシアのシャリフさん。
そして一番右は、前日養鶏場で卵の回収作業をしていたタイのデンさん。
その左にいらっしゃるのはボランティアのSさん。
市内の学校の校長先生を務めていたSさんは、
退職後にオイスカでボランティアをスタート。
長年、こうして研修生と一緒に毎日畑で作業をしてくださっています。
DSCN6232
たくさんのボランティアさんに支えられながら、
研修生たち、元気に研修に励んでいます!!