宏揚文化促進大同

2020年7月31日 ( カテゴリー: 本部スタッフのブログ )

本部・広報室の林です。

昨晩、台湾の李登輝元総統の死去のニュースに触れ、
一番に思い出したのはこの色紙でした。

DSC_0153
李登輝元総統の揮毫の色紙が中野良子総裁の
応接室にいつも飾られていました。
恥ずかしながら私にとっての李登輝元総統は
「あ、あの応接の色紙の人!」
というイメージでした。

オイスカは台湾にも総局があり、
「国際産業精神文化促進会中華民国総会」
(以下、総会)という名称で活動しています。
1973年1月に設立された当時は、
日本と台湾が国交を断絶していました。
創立者中野與之助翁は
「国は断交しても国民の交流はキレるものではない」
と強い意志を持ち、中華民国総会と協力し、
日台の民間レベルでの親善交流に心血を注いできました。

総会が現地政府の農村復興総合委員会(日本でいう農水省)
と調印して研修生を日本に送り出した際も
李登輝氏が代表委員として名を連ねてくださったと聞いています。

台湾と日本、そして台湾とオイスカの関わりも
もっと深く勉強しなければいけません。
今日は、総会の立ち上げ時に現地に赴任して尽力した
Oさんからじっくりお話を聞かせてもらおうと思っています。