フィジーでの農業・人材育成研修 その5 ~昨年の研修生の頑張り~

2013年6月12日 ( カテゴリー: フィジースタッフのブログ )
オイスカ・フィジーの菅原弘誠です。
昨年の研修生OBの二人。村に苗床を作っています

昨年の研修生OBの二人。
村に苗床を作っています

今フィジーでは半年間の農業研修を年に2期、行っています。 この研修の目的は、研修を終えて自ら農業を実践する人材を育てることですが、 昨年フィジーのセンターで頑張っていた研修生の嬉しい知らせが届きました。 この2名は、同じ村の出身で昨年7月~12月、センターで研修生として学びました。村に戻ってから、センターで学んだことをもとに農業や養鶏を実践しているとのこと。またそれだけではなく、村内の環境を良くするための植林を希望しており、スタッフのタマニさんの助言を得ながら、植林の準備を進めています。
手づくりの鶏舎を作って養鶏も開始

手づくりの鶏舎を作って養鶏も開始

    農業を続けることも当然ですが、自ら村のことを考え、必要な行動をとれる人材、それがオイスカの進める「ふるさとづくり」には欠かせません。そんな動きを見せてくれる研修生OBを見ると、とても嬉しくなります。あと1ヶ月で半年間の研修を終える今の研修生にも、更なる成長を期待して、最後の締めくくりを進めていきたいと思います。 ビナカ!
オイスカ・フィジーのサポートのもとで村での植林準備も進める二人

オイスカ・フィジーのサポートのもとで
村での植林準備も進める二人