新しい駐在員

2013年12月20日 ( カテゴリー: フィジースタッフのブログ )

フィジー駐在員の菅原弘誠です。
フィジーのオイスカは今、二人の駐在員と、現地スタッフ、ボランティアスタッフなどで活動を進めています。 私と一緒に駐在していたフィリピン人のジョジョさんが、12月末にフィジーでの任期を終えて帰国することになり、 現在その後任駐在員に業務の引き継ぎを行っています。

これまで頑張ってくれたジョジョさん(右)、新たにフィジーに駐在したロダさん(左)。両脇はセンターで生活しているオイスカ職員の子どもと、政府職員の子ども

これまで頑張ってくれたジョジョさん(右)、
新たにフィジーに駐在したロダさん(左)。
両脇はセンターで生活しているオイスカ職員の
子どもと、政府職員の子ども

新しい駐在員は、フィリピンのネグロス島出身のロダさん。フィジーでのオイスカ活動を責任を持って担うべくやってきてくれました。
会計業務に責任を持ちながら、転がり込む全ての仕事に対応し、スタッフの対応をしていくのは簡単ではありません。3年以上駐在した前任のジョジョさんから教わりながら、少しずつフィジーの生活にも慣れてもらっています。
いずれ、彼女にもこのブログに投稿してもらえたらと思っています。

各国のオイスカ活動では、女性の活躍も目立ちます。
フィジーでは現在女性の現地スタッフはいませんが、村の女性グループへのアプローチや事務所での仕事、「子供の森」計画での子どもたちへの環境教育などを考えても、女性が果たせる役割は多くあるように思います。

フィジーからも多くの女性研修生が日本で学んでいますし、そういったOBの活躍を促していければと思います。

fiji12062

「子供の森」計画参加校の女性先生たちにとっても、女性駐在員のロダさん(中央)は話しやすい存在

ビナカ!