ミャンマー 学校訪問レポート

2014年2月25日 ( カテゴリー: 海外スタッフのブログ )

ミャンマー駐在員の木附です。

先日、ミャンマーの「子供の森」計画(CFP)参加校の Kan Htan小学校を訪問してきました。

ミャンマーは農業研修センターを中心にCFPを行っていますが、 同校はセンターから1時間半くらいのところにある学校です。

3年前の農業研修卒業生のThan Than Soeさんと、Soe Soe Lwinさんが 学校の子どもたちへの指導を行っています。 センターの卒業生がこうして、ふるさとの学校を担当することで大きな効果が出ています。

2013年からCFPに参加し、昨年校庭に植えた木は少しずつ育っています。

昨年植えた苗木と。コーディネーターのBanさんとSoe Soe Lwinさん

昨年植えた苗木と。コーディネーターの
BanさんとSoe Soe Lwinさん

2014年には学校の近くの空き地にも木を植えて行きたい、と子どもたち。 また、植えた苗木の葉っぱを、放し飼いのヤギが食べてしまわないように、 木の枝を集めてフェンスを作ろうと計画しています。

Kan Htan小学校の子どもたち。木を植えると動物が森に増えるて、土の中にミミズが増えると土が良くなって、土の中に水が溜まる、と木を植える効果について勉強したことを話してくれました

Kan Htan小学校の子どもたち。木を植えると動物が森に増えるて、土の中にミミズが増えると土が良くなって、土の中に水が溜まる、と木を植える効果について勉強したことを話してくれました

ミャンマーの他の学校のレポートもぜひご覧ください⇒こちらから