【おすすめの書籍紹介】「海岸林との共生」 (山形大学出版会)

2013年10月18日

私にとって、頭の整理整頓、基本の確認にもなる本でした。
とくに海岸林再生プロジェクト10ヵ年計画に関わる方には、どんどん紹介しようと思います。

「海岸林に親しみ、海岸林に学び、海岸林を守ろう」とサブタイトルがありますが、
執筆に携わった専門家の皆さんの想いそのものと思いました。
何気ない素朴な言葉ですが、その一つ一つに想いがこもっているようで、心から共感しました。

震災直後に亡くなられた日本海岸林学会の元会長、中島勇喜先生をはじめとする多くの方の著作です。

日本海岸林学会ホームページには目次なども紹介されており、
それを見て、敷居が低く、総合的な理解につながる良い本だと感じました。
http://jscf.jp/book.html
*アマゾンから購入できます。1,500円です。

「森林飽和」(NHKブックス)と並んでお勧めしたいです。

「 植えたなら あなたの責任最後まで 」(中島勇喜先生)

この本で初めて知った言葉でしたが、私たちはこの言葉をお借りして、
誰に対しても、地元の皆さんに対しても、さらっと言ってのける役目を負わねばならないですね。
パフォーマンスやイベント事業ではないのですから。

TrackBack URL
ブックマークに登録
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加


ページトップへ