名取沿岸部の概況

2013年4月3日( カテゴリー: 現場レポート )
海側の国交省の防潮堤工事は部分的に完成してきています。
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/03/20130324t15009.htm
(河北新報社3月24日)

その内陸側の林野庁が発注した盛土工事は形になってきており、
ダンプは土曜日でもひっきりなしです。
名取では被災し倒伏したクロマツの姿は少なくなってきています。
被災マツはその場で大きめのチップにし、飛砂防止のマルチングで使用するか

被災マツはその場で大きめのチップにし、飛砂防止のマルチングで使用するか

名取だけで100台のダンプが稼働

名取だけで100台のダンプが稼働

 











名取市では、平成25年度予算で、海岸林内陸側の
旧ビニールハウス団地、約50haの圃場再整備が始まると聞きました。
まずは除塩でしょうか。 閖上では、除塩が沿岸部まで進んでいます。 

その内側はまだ零細がれきはもちろん、
大きながれきもまだ撤去されていない場所もあり、
我々の第一育苗場はその真ん中にあります。 
零細がれきは手で拾います。日当8,000円と聞きましたが、人手が不足しているようです。 
除塩が終わったとしても、農業から2年も離れた人が、
もう一度戻ろうとするのか。後継者自体も少なく、複雑な気持ちになります。 

災害公営住宅は、美田園の駅のあたりに、平成25年度から着工し、 
閖上の大規模な建設はその翌年から。 

道のりは平坦ではなく、まさに今年が正念場と聞いています。 
名取市は仙台のベットタウン化の様相で人口が増えています。 
美田園駅周辺も、次々と新しい建物や店舗が建っています。 

名取市南部の盛土工事。まだ途中です

名取市南部の盛土工事。まだ途中です


							
2013年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月別アーカイブ

ページトップへ