今年度の第2育苗場

2013年4月9日( カテゴリー: 本部発 )

名取市の海から約9kmのところに第2育苗場がありますが、
種苗生産事業拡大に伴い、圃場が手狭になり、新たに2ヵ所の圃場確保を計画中。

①これから播種するコンテナ苗用(早く苗を育てる方式)ビニールハウス
*第2育苗場より200m西。Tさんの自宅前。水遣りが必須のため安心。
近々、看板も立てます。

コンテナ苗育苗用のビニールハウス

コンテナ苗育苗用のビニールハウス

 

②昨年播種した1年生苗の床替移植用の畑
*さらに車で10分西のまさに里山。行くには軽自動車サイズでないと。
DSC_0215DSC_0229

 

 

 

 

 

↑ 根切りした1年生普通クロマツ(左)をこの圃場に床替移植する予定(全部使うわけではありません)

育苗に従事する「名取市海岸林再生の会」メンバーが「働きやすい」ことは重要な要素です。
その一方、集約型圃場が良いに越したことはないと、皆が承知しています。

復興計画の方針や計画も微妙な変動はつきものです。
状況変化は、種苗生産に関する我々への期待の裏返しの時もあります。
それに応える上でも、精度の高い情報を先取りすることが大事だと
しばしば思います。

2013年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月別アーカイブ

ページトップへ