当然、今年度は事業量増大

2013年4月16日( カテゴリー: 本部発 )

海岸林再生プロジェクトは、今年度、飛躍的に事業量が増大します!
育苗は2年目となり、前年度と異なる仕事内容が加わりますので
現場ではみんなで、しばしば自主研修をしています。

【現場実務の前年度との比較】

現場実務 24年度 25年度
育苗作業時間 1,273時間 5~6倍に(植栽準備は含まず)
育苗作業者 海岸林再生の会メンバー(23名) 新たな顔ぶれも加える
育苗場全体面積  0.61ha 0.77haに拡張(事務所0.1ha含まない)
育苗場使用面積 0.1ha 0.77haを4月より全面使用
クロマツ育苗本数 90,000本 165,000本
(昨年播種の1年生苗90,000本+今年播種の75,000粒分)
広葉樹育苗本数 0本 2,500本(1年後の出荷目標数)
ヤマザクラ・クリ・ケヤキ・コナラ

今年度後半から、これまでの育苗に加え、植栽関連労務が入ってきます。

育苗に関しては「宮城県農林種苗農業協同組合」と実務を進め、
植栽に関しては森林組合等との協働という展開になり、
それらを同時進行で進めるのが平成26年度以降の事業です。

資金獲得、広報啓発などの実務は、今後も減ることはないでしょう。

4月12日河北新報社の朝刊トップに「支援団体、現地態勢見直し」という記事が 出ました。 http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1071/20130412_01.htm
3月14日の同誌にも「復興支援NPO正念場」との記事もありました。
「正念場」という言葉は、河北新報社でも、首長のコメントでも特に最近よく出 てくる言葉です。
「(実務の)マンパワー不足」という言葉も目につきます。

一局面の実践部隊の一員として、まさに同感です。
最前線の現状は、行政・民間いずれの持ち場でも同様で、
どこの部隊でも、何とか堪えてきた2年なのでしょう。
「全てがない中での2年だった」という防潮堤建設現場監督の一言を思い出します。

「正念場」。まさに我がことです。

2013年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月別アーカイブ

ページトップへ