3つの目+1

2013年4月19日( カテゴリー: 本部発 )

先週、ある財界の方々に現場を視察いただきました。

そのうちのお一人には、2月末の私たちの活動報告会の後、食事をご一緒し、
仏教の教えで、「思念が業(ごう)をつくる」という言葉を教わりました。
「思考は現実化する」という考え方と同じで、人生は強く思ったことが現象とし
て必ず現れる
という意味だということでした。

2か月ぶりに、今度は現場でお会いし、再び食事に招かれました。
その際に、私から「2011年4月に物資輸送ヘリコプターに乗せてもらい、
空から被害規模の大きさを自分の目で見たこことが、全てに繋がっている」
と申し上げたところ、今度も、貴重なアドバイスをいただきました。

3つの目を持つ必要がある。
一つ目は鳥の目。
二つ目は虫の目。
三つ目は魚の目。

鳥のように鳥瞰し、ダイナミックな思考を持つこと。
虫のようによく観察すること。
そして最後に、魚の目で潮目を見取ること。

この3つが大事なのだと。

ちなみに目と言えば、昔の上司には、一歩引いてモノを見る目を
厳しく躾けられた気がするのですが……
まだまだ。

あの日、鳥の目で見た風景・・・

右中央が第1育苗場付近(名取市)

右中央が第1育苗場付近(名取市)

残った森と倒れた森の違いは何か(岩沼市)

残った森と倒れた森の違いは何か(岩沼市)

南三陸町中心部

南三陸町中心部

2013年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
月別アーカイブ

ページトップへ