広報室の林です。

クロマツ親分&タロウ(少し縦長・文字入り) liklikこれは、皆さんご存知、「海岸林再生プロジェクト」のキャラクター
“クロマツの親分とクロマツタロウ”です。

プロジェクトの資料や育苗場の看板など、いろんなところに登場しており
だいぶ皆さんにも浸透してきているのではないかと思います。
プロジェクトが親しみやすいものになっており、
「キャラクターの力って大きい!」と感じています。

よくあるのが
「親分は誰がモデルなんですか??」
という質問。

このようなごっつい風貌の関係者がいないこともないのですが
私が描いたわけではないのでこれまでは答えに窮してきました。

dff

お贈りした感謝状が会社に飾られていました。
もちろん感謝状にも親分とタロウがいます!

そこで先日、このキャラクターの生みの親に会いに
株式会社ディ・エフ・エフを訪問してきました。
この会社はこのホームページのデザインなどでお世話になっている心強い支援者さんです。

生みの親であるAさんとご対面!!
早速例の質問を投げかけてみると

Aさん「・・・・・・」
林 「プロジェクトのYとかKに似てるってよく言われるんです」
Aさん「YさんもKさんもお会いしたことがないので・・・」
・・・・・・特にモデルはいないようです。
これからは窮することなく答えられます。

「モデルはいません!」

Aさん、お忙しい中ありがとうございました。
余談ですが、質問以上によくあるのが“親分”を“オヤジ”と間違えてしまうこと。
どうやら本部事務所内に特にその傾向が強いように感じています。
これも強く言った方がいいでしょう。

「オヤジじゃありません。親分です!!」

 

2014年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
月別アーカイブ

ページトップへ