名取市海岸林の最新航空画像

2014年12月22日( カテゴリー: 現場レポート )
IMG_5629

名取市中央部から南側を望む

約90haの海岸林整備協定を2014年2月13日に結んだ宮城県庁から、「天気が良くなくて画像が映えないけど…、何かにぜひご活用ください」と名取市の海岸防災林の航空画像(10月撮影)をご提供いただきました。

ありがたいことです。

一般市民でも、仙台空港を空路で利用すれば、着陸する寸前に見ることもできます。

縦の筋は、ご存じ「防風垣」(ハードルフェンス)です。
11月~5月末まで、特に春の西風「蔵王おろし」、その乾風・寒風から守るもの。
北海道・えりも岬の海岸林造成の際、開発されました。

DSCF0697

名取市最南端から北側を望む

この工事は仙台港~福島県県境まで。
さらに、北は東松島市・石巻市でも工事は開始されており、相馬市・南相馬市、いわき市などでも海岸林造成は行われます。

「ちっとも進んでないじゃないか!」と言った某県知事がいたそうですが、
名取では閖上港防潮堤工事が開始、海岸林背後の農地は地権者に張れて引き渡されハウス設置が始まり、閖上のかさ上げ住宅の盛土が着工するなど、日々復興事業が全力でおこなれています。

林野庁東北森林管理局のHPをご紹介します。

海岸防災林、防潮堤等施設の復旧
http://www.rinya.maff.go.jp/tohoku/koho/saigaijoho/h23_higasinihon_daisinsai.html

ここに「海岸防災林の再生(パンフレット)」が公開されていました。
以前、林野庁の方から限られた部数の中、分けていただいていたのですが、
誰でも入手できる状態になっていましたので、これはお知らせせねばと思った次第です。

見ごたえある航空写真や、大事に保管されている昔の写真もあり、
海岸林の規模感・ボリュームなどが一目で伝わりやすく、何しろ読みやすい。
28ページ・カラー。ぜひご覧ください!!
編集は国土防災技術㈱。

表紙航空写真の上部は震災前の名取市。2・3ページ上部は震災後の名取市。
5ページにも閖上地区の被災前後の航空写真あり。
16ページ航空写真は、名取市特有の内陸防風林が何重にもあったことがわかります。

会議資料にも使えるでしょう。

その他このページには、
「協定締結」の項目に、オイスカと林野庁の協定書もあり、
「進捗状況」の項目に、宮城南部の復旧状況の地図、
「生物多様性保全」の項目には、名取地区図面を含む基本方針

震災直後から2年ほどは、この東北森林管理局のHPは、毎日チェック。
その後は頻度は落ちても、工事情報などを頻繁に確認していました。
やはり私は、色々な意味で時々、行政のHPを見なければならないと思っています。

2014年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
月別アーカイブ

ページトップへ